company
会社沿革

1988年から、サンシャ会社はフレキシブルパッケージプラント全体やシュリンクラベル機などを生産することに力を尽くしまして、

サンシャは、お客様の多様なニーズを満たすために生産ラインを拡大し、新しい機械の研究開発を続けました。その上絶えず新しい科学技術と技術を導入して、ソフトパッキング工場の設備、スリッター装置や印刷機の性能及び効率を高めて、生産工程のロスを減らします。

サンシャ会社が最も実力を備えるのは機械の統合とコントロール・システムに発展するので、これは私達がマシンの最大の生産効率を達成するための方法で、例えば、紙管切断機、印刷機、スリッター機、スライサーなどです。すべてのコントロール・システムはヒューマンコンピュータインタラクション及びプログラミングソフトウェアを含めて、我が社の設計、研究開発部門から書いて、豊富な実績の経験を持って、そして深くユーザーの需要を理解して、適切、スマートのソフトウェアを使って、操作は更に簡単になります。

私達の共通目標は高生産性・超精密なフレキシブルパッケージ装置を作って、競争力のある価格と迅速なサービスを確保し、世界中のお客様のニーズにお応えします。サンシャ会社 地図サンシャ会社は専門的にソフトパッキング工場の設備やシュリンクラベル機などを製造して、20年を上回って、私達はラミネート機、巻き取り機、検品装置、合掌機、印刷機、スライサー、混合器及び高品質シュリンクラベル装置などを提供します。私達の目標はユーザーに最高な品質及び最も競争力がある製品を提供して、ユーザーの需要を満足します。


主な製品